星彩の最前線

cyseiaの日記

アミアミの隙間から漏れていった脂肪は、そのまま、他の部分の脂肪となります。

税収の使い道を幼児教育の無償化などに広げるのは、家計への還元を増やして増税の痛みをやわらげる狙いだ。
首相は現役世代が抱く教育や子育てを巡る不安要素を減らしていけば消費増にも波及するとみるが、実際にそうなるか不透明な面もあり一種の賭けだ。
安倍首相は経済状況などを理由に、8%から10%への引き上げを2度延期。
財政健全化を重視する財務省の一部は19年10月の機会を 逃すと二度と増税できないのではないかという危機感を抱いていた。
まずは10%への増税実現を優先させ、将来の増税につなげる思惑で首相サイドと折り合った。
いわば首相と財務省との妥協の産物といえる。
政府は、税収でどれだけ政策的な経費を賄えるかを示すプライマリーバランスを20年度に黒字化する目標を立てている。
内閣府によると、従来の使い道を前提にしても、目標の達成には8兆~10兆円ほどの収支改善が必要だ。
首相は財政健全化をないがしろにしているとの批判を避けるため、増税分の全額を教育財源などに充てることまではしない考えだ。
ただ、借金減らしより歳出拡大を優先すると、PBが悪化する可能性が高い。
消費税収は年金、医療、介護、子育て支援の4経費に充 てるとされているが、税収の不足分は19兆円を超す。
高齢化に伴って医療や介護の給付費はますます膨らむ見通しで、ここに教育も加われば、借金頼みの財政運営に歯止めがかからなくなる。
歳出増が財政の不安定さを助長する懸念は残っている。
税と社会保障の一体改革がめざしたのは、持続可能な社会保障制度の確立だった。
増税の延期や使い道の変更など聞こえのいい政策を打ち出すだけでは、その場しのぎとの批判も出てくる。
そしてもう一つ「ナイトブラ」で〆ます。
ナイトブラ
通常、人の体はそれほど簡単には崩れません。
けれど、放っておくと、筋肉が脂肪に変わってしまうように、体の内側で変質したり、変化したりすることがあります。
中でも女性のバストは、乳腺という「ネット」が、やわらかい脂肪を「やんわり留めている」だけの部分です。
ネットの隙間、アミアミの隙間から漏れていった脂肪は、そのまま、他の部分の脂肪となります。