星彩の最前線

cyseiaの日記

情報発信の効果を最大限に引き出すために、企業は今こそ対応に本腰を入れるべきだ。

1990年代に入り、広報や広告を消費者の視点に立って再構築する統合型マーケティングという考え方が米国で提唱され、広報と広告の境界はあいまいになった。
記事の体裁をまとった広告記事が分かりやすい例だ。
そうした広告・広報を展開する主要な場は、従来は新聞や雑誌、テレビといったマスメディアだった。
ところが21世紀に入り、インターネットやスマートフォンが急普及したことで、情報発信の環境は一変した。
ウェブやブログを使えば、企業はマスメディア抜きで消費者に情報を届けられるようになった。
フェイスブックツイッターといったソーシャルメディアの登場で、情報をクチコミ的に拡散 することも可能になった。
広報業界では、既存メディアを使う広報や広告に、ブログやフェイスブックなどの新しいメディアを加えた4分野を、英語の頭文字をとってPESOと呼ぶ。
これからの情報発信はPESOを包括的に考える必要があるが、残念ながら日本企業の多くは、相変わらず広報と広告の区分に気を取られているようだ。
日本ではなおマスメディアへの信頼度が高く、それを介した情報発信の需要が大きいのが理由のひとつだ。
時流に乗り遅れまいとフェイスブックツイッターのアカウントは取得しても、使いこなせている企業はさほど多くない。
広報は広報部門、広告はマーケティング部門、ソーシャルメディアはデジタル部門が担当するといった縦割り主義も散見される。
広 報と広告の差や、多様化するメディアそれぞれの特性を理解しつつ、それらを調和・統合させる。
情報発信の効果を最大限に引き出すために、企業は今こそ対応に本腰を入れるべきだ。
それはそうとして、「パーフェクトワン…薬用ホワイトニングジェルが半額」について。
パーフェクトワン薬用ホワイトニングジェル半額
薬用ホワイトニングジェルを使うことで、まさに美白効果だけでなく、肌にハリや保湿といった効果に至るまで良かったと言われる方は多かったです。
確かにこれ一つで美白も美容も保湿も効果があって、スキンケアにかかる時間も短縮できるなんて、一石二鳥なのですごく魅力的ですし、得した気分になることができると思いましたよ。