星彩の最前線

cyseiaの日記

旅行となると本当に行きたいと思う場所でないと気分が乗らないこともありますね。

連邦議会選には小政党の乱立を防ぐため阻止条項と呼ばれるルールがある。
比例代表で5%以上得票できなかった政党は議席を得られない。
今回は4つの中堅政党がこの壁を突破。
4党の合計得票率は4割を超え、前回選挙の約2倍だ。
イスラム、反移民を掲げるAfDは第3党に躍進した。
独有力誌シュピーゲルは過去の亡霊がよみがえったとナチス時代への回帰に警鐘を鳴らす。
得票率は12.6%で94議席
旧西独地域では10%強の得票率だったのに対し、旧東独地域では20 %を超え、SPDを上回る第2勢力に立った。
旧東独地域では旧東独の共産主義独裁政党の流れをくむ左派党も票を集めた。
全体の得票率は0.6ポイント増の9.2%で69議席を獲得した。
極右と急進左派の合計が2割を超え、社会の分断を象徴する結果となった。
FDPは10.7%、80議席を獲得し、4年ぶりに連邦議会に復帰する。
緑の党は8.9%、67議席
この2党がCDU・CSUとの連立協議に臨む可能性が高い。
この2党はいずれも都市型政党ながら政策に隔たりが大きい。
緑の党が求める30年までのディーゼル車・ガソリン車の販売禁止は、経済界に支持者が多いFDPには受け入れがたい。
また、FDPは財政規律を重視するのに対し、緑の党は緊縮財政は無意味だとする。
緑の党のカ トリン・ゲーリングエッカルト氏は我々はくみしやすいパートナーではないと話しているといい、連立協議は難航しそうだ。
仏紙フィガロメルケル氏の勝利は、AfDの歴史的な勢力拡大でかすんだと危機感を表明。
スペイン紙エル・ムンドは現政権下でドイツ経済は回復したが、貧困に陥りかねない労働者も増えていると今後の課題を報じた。
そしてもう一つ「旅行券」で〆ます。
旅行券
旅行となると、大切な時間を割いて訪れることになるので、本当に行きたいと思う場所でないと気分が乗らないこともありますね。
旅行券は、発行されている旅行代理店で利用することができるもので、その代理店が提供している商品であれば、そのほとんどを旅行券で支払うことができます。
大手旅行代理店となれば、国内外問わず様々なツアーを提供しているため、頂いた側も自分の興味のあり旅を選びやすくなります。